いもち病、ばか苗病の対策に!稲の総合種子消毒剤!「テクリードCフロアブル」

テクリードC

種子消毒は、育苗期の種子伝染性病害を効率的に防除できる手法であり、
健全な苗を育成することで安定的な生産につなげることができます。

被害がでてからでは大変なので、
種子の状態で消毒しておくのが一番効率的な防除方法ですよね〜

いもち病、ばか苗病の対策に!

テクリードCフロアブルについて

稲用/種子消毒剤
有効年限 5年(10L缶:3年)
100ml/500ml/10L

テクリードCフロアブル 【成分】

テクリードCフロアブル
有効成分:イプコナゾール 5.0% 、水酸化第二銅 4.6%(銅として3.0%)

農林水産省登録 第18601号 [クミアイ化学工業㈱ 登録] 人畜毒性 普通物

テクリードCフロアブル 【特徴】

イプコナゾールと水酸化第二銅の混合剤で、ばか苗病、いもち病、ごま葉枯病に加えて、細菌病である、もみ枯細菌病、苗立枯細菌病、褐条病に有効な稲の総合種子消毒剤です。
種籾へ薬剤の付着性、浸透性に優れているため、風乾処理の有無にかかわらず高い防除効果を示します。
ベンズイミダゾール系薬剤耐性ばか苗病菌、カスガマイシン耐性褐条病菌、オキソリニック酸耐性もみ枯細菌にも有効です。

https://www.kumiai-chem.co.jp/products/document/teclead_c_fl.htmlテクリードCフロアブル|クミアイ化学

テクリードCフロアブル 【使用例】

http://hureai.exblog.jp/14170874今年もはじまりました |あぐり りんくす