アフラトキシンについて

アフラトキシンについて

カビ毒
アフラトキシンはアスペルギルス・フラバスっていうカビから作られる。
アスペルギウス属:アフラトキシンB1は天然物の中で発がん性が最も高い。
分解温度は300℃

トウモロコシやピーナッツなどに含まれる場合がある

遺伝子組み換えでアフラトキシンを抑える↓

アフラトキシンを遂に制圧か~アリゾナ大学のGMトウモロコシ : FOOCOM.NET – 科学的根拠に基づく食情報を提供する消費者団体

2017年3月10日、米国アリゾナ大学などが、遺伝子制御を誘発させることによりアフラトキシン汚染を低レベルに抑え込んだGM(遺伝子組換え)トウモロコシ開発に成功したとScience Advances誌に発表した。この研

アフラトキシン特徴