畑で見つけた生き物シリ〜ズ〜「青いミミズ!? シーボルトミミズ」

aoimimizu

シーボルトミミズ

畑で作業中にうぉっ何じゃこりゃ
ミミズ!?

青いんですけどっ

とりあえずつかまえて撮影してみました!

シーボルトミミズ動画

シーボルトミミズ解説

シーボルトミミズは、西日本の山林に生息するミミズで、体が大きく、青紫色の光沢を持つ。また地表にでてくることがよくあるため、人目を引くものである。名前はフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが持ち帰った標本によって記載されたことにちなむ。大きくて目立つため、各地で方言名も存在する。ウナギ釣りの餌に使われることもある。

シーボルトミミズ特徴

日本におけるミミズの最大種の一つであり、体長は時に40cmにも達する。生きている時は濃紺色をしており、ホルマリン固定すると鮮灰色になる。受精嚢は第6節から9節までの節間に3対あるが、その開口は小さい。環帯は第14-16節に当たり、14節の腹面中央に雌性生殖孔があるが、小さい。18節腹面両端がやや膨らんで、そこに雄性生殖孔が開く。

僕が見つけたやつは12cmぐらいだったのでまだまだ子供だったみたい。
ってか40cm出てきたらひっくり返るわっ

一応釣りの餌にも使えるらしい。

こんなビックリカラーなのに「日本固有種」らしい!

シーボルトミミズ発見例

謎多い日本最大種(シーボルトミミズの生きる術) : 土佐料理 旬の鰹がゆく!