クロルピクリンとは?土壌消毒剤【 医薬用外劇物】

クロルピクリンについて

病害や害虫を防除するのに使う劇薬の一種で、土の消毒殺菌にはよく使用される。液体であるが、土中で揮発し拡散して、その効果を発揮する。催涙性が強く、使用の際は誤って吸入しないよう十分気をつけねばならない。

※使用後は速やかに被覆する必要があります。どんどんガスが発生して近隣の住民、家畜に悪影響を与えることがあります。

クロルピクリン成分

人畜毒性 劇物 魚毒性 C
化学式 CCl3NO2

クロルピクリン特徴

クロルピクリンの安全で適正な取扱い:クロルピクリン工業会

null

クロルピクリンを含む農薬

土壌くん蒸剤ダブルストッパー【医薬用外劇物】

2016.04.24
農薬名 クロルピクリン