肥料って何?肥料の種類と効果をまとめた。

3大要素

窒素(ちっそ、N)

植物の肥料成分として、最も重要なものの一つである。 窒素が不足すると作物は小型となり、葉は黄色を帯びて子実の収量も低下する。一方、過多の場合は、葉は濃緑となり軟弱徒長し病虫害を受けやすく成熟も遅れる。植物体の主要な物質を構成する元素である。

硝酸態窒素(しょうさんたいちっそ)

肥料の窒素には三つの形態があり、そのうちの一つが硝酸態窒素である。この形態で植物に吸収されやすいが、水に溶けやすく、土にはほとんど吸収されないので、水と一緒に流亡する。

有機態窒素(ゆうきたいちっそ)

複雑な窒素化合物は微生物の作用をうけて、アンモニア態または硝酸態になってから作物に吸収される。この窒素化合物を有機態窒素という。石灰窒素、尿素などがその例である。

アンモニア態窒素(アンモニアたいちっそ)

窒素(ちっそ・N)は、燐酸(りんさん・P)、加里(かり・K)石灰(せっかい・Ca)とともに、特に重要な肥料成分であるが、これは硝酸態(しょうさんたい)、アンモニア態、有機態(ゆうきたい)の三つに大別される。このうち前の二つは、そのまま植物に吸収されるが、有機態は、微生物の作用でアンモニア態か硝酸態になってから吸収される。

りん酸(りんさん)

りん酸は肥料四要素の一つで、植物の新組織をつくるのに役立つといわれている。記号はPであらわす。

加里(かり)

肥料として重要な成分で、肥料四要素の一つとなっている。たいていの作物の吸収量も四要素のうち特に多い。しかし、自然的に供給されやすいし、流亡も比較的少ないので、施用の量はそれほど多くないのが普通である。作物体内の養分移動や繊維質の生成に役立っている。記号はK。

サブ3

カルシウム

マグネシウム

硫黄

微量要素(びりょうようそ)ミネラル

鉄、マンガン、銅、亜鉛、ほう素、モリブデンなども四要素と同じく作物の生育に必要な成分であるが、所要の吸収量がごく少ない。このような成分を微量要素という。これらの成分不足による障害が問題化している。

アミノさん

有機肥料

化学肥料

速効性肥料(そっこうせいひりょう)
効き方の早い肥料を速効性肥料という。たとえば、硫安や尿素などがある。1回に多量施すと害(肥やけ)があるから、分けて施すよう注意が必要。

尿素(にょうそ)

窒素46%を含む窒素肥料で、炭酸ガスとアンモニアを加圧・加熱して製造する。田畑に施用するほか、0.5%くらいの溶液として葉面に散布し、葉面から吸収させるのにも用いられる。

硫安(りゅうあん)

最も盛んに使用される窒素肥料で、窒素20%ほどを含む。速効性であるから、元肥よりも追肥に適する。

単肥(たんぴ)

硫安や過りん酸石灰などのように、肥料成分を一つしか含んでいない肥料をいう。

肥料の形状

液肥(えきひ)
普通の肥料は粉状または粒状であるが、液状の肥料を液肥あるいは液体肥料という。

元肥(もとごえ)
作物を栽培する前にあらかじめ田畑に施しておく肥料。種類・施用量は、作物や栽培型により異なる。

緑肥(りょくひ)
青刈ダイズ(あおがりダイズ)などは、刈り取って有機質肥料として用いる。これを緑肥という。ハウスなどでは塩類の蓄積回避を兼ねてデントコーンやソルゴーが緑肥として作られている。これらはクリーニング作物とも呼ばれている。