菌核病(きんかくびょう)ってどんな病気?症状と対策

菌核病(きんかくびょう)

カビが原因で起きる病気。多くの野菜、草花に発生する、茎の地ぎわや葉柄などを侵して腐らせる。この部分に白い菌糸があらわれ、さらに黒色の菌核(きんかく)をつくる。低温、多湿の時におこりやすい。

曇りや雨が多い時期に発生しやすい病気で、株元に発生した場合は株ごと抜いて圃場の外へ、発生初期に農薬散布しないとどんどん広がって全滅してしまうので、とっても怖い病気です。
予防に換気を農薬防除をすればそんなに怖いものでもありません。

菌核病に効果のある農薬

導管内の最近の増殖を抑制!殺菌剤バリダシン液剤5

2016.05.02

【灰色かび病・菌核病】カンタスドライフロアブル

2016.04.24

灰色かび病、菌核病防除に。スミブレンド水和剤

2016.04.23

殺菌剤ナリアWDG

2016.04.23

殺菌剤「オンリーワンフロアブル」

2016.04.18

シグナムWDG|うどんこ病、灰色かび病、菌核病、べと病など幅広い病害に!

2016.04.15

殺菌剤【セイビアーフロアブル20 】菌核病に!

2016.04.15

菌核病にスミレックス水和剤!

2016.04.15

灰色かび病や菌核病に!殺菌剤ベンレート水和剤

2016.04.15

うどんこ病や菌核病に効く!殺菌剤「アミスター20フロアブル」

2016.03.04