土の種類といろいろな土壌改良資材

土の種類

赤玉土(あかだまつち)

関東ローム層
汎用性にすぐれる正統派土。ストIIで言えばリュウ。

黒土(くろつち)

火山灰土の表層部分で有機質を含み、黒褐色をしている土。黒ぼくとも言う。保水性と排水性に富み、粘性が少ない。酸性土。
「黒ボク」とも呼ばれてます。有機物も豊富に含んでいる素敵な土

鹿沼土(かぬまつち)

栃木県鹿沼地方に産する火山灰土の下層土。粒状多孔質で保水、排水性に富み、さつき用土や挿し木用土として使われる。酸性土。
「通気性」「保水性」にすぐれる

培養土(ばいようど)

植物を育てるときに使う土のこと。鹿沼土など自然の土を単体で使う場合もあるが、多くは赤玉土や腐葉土など、いろいろな土質の用土を混ぜて使う。水ゴケもその一つ。

国頭マージ

強酸性土壌でパイナップル専用になっている土。小学校の運動場と似ている

島尻マージ

赤褐色でアルカリ性。水はけもよく使いやすい土。乾燥しやすいので潅水には注意

ジャーガル

灰色〜灰褐色でかなりアルカリ土。ミネラルを豊富に含む(とくにカルシウムが過剰)
保水性が抜群だが、重粘土質なので扱いにくい。
雨が降るとグチャグチャの粘着性の泥になるので、農作業が大変というか無理です。

土壌改良資材

フスマ

小麦の皮の部分。主に牛の飼料として利用されてきた。栄養分としてデンプン、タンパクのほか繊維質やミネラルが豊富に含まれている。

農業利用で注目されているのが土壌還元消毒。分解しやすい有機物を充分に土に混入し、水分が多い状態で発酵させ、土壌を強い還元状態にして殺菌する方法だが、これにフスマや米ヌカを利用する。

米ヌカ

米のガラ

燻炭(くんたん)

モミガラをむし焼きにしたもので、モミガラの形を残して黒く焼けたものがよいとのこと。苗床の土に混ぜると通気、排水がよくなり、熱の吸収もよくなる。

腐植酸

恵土などの名前で売っています。枯れた畑に大量投入して一発で土壌を改良できるかも

硫黄華

硫黄のこな、アルカリ土壌のペーハー調整に使える

苦土石灰(くどせっかい)

苦土(マグネシウム)と石灰(カルシウム)の両方を含む肥料。
ペーハー調整剤として使われることのほうが多くなっている。また、マグネシウム、カルシウムともに肥料の五要素に含まれているので、肥料としても十分役立つ。
酸性土壌に使えるよ

パーライト

鉱物を高熱加工したもので、白色で軽い粗粒状の用土素材。水をよく吸収し、通気性に富む。このまま挿し木用土として用いられるほか、他の用土と配合しても用いられる。
重粘土質の土壌改良に

バーミキュライト

ピートモス

ミズゴケなどの植物有機物が、寒冷地の低湿地で長年月の間堆積し、褐変腐植化したもの。軽くて通気性、吸水性に富み、鉢花の栽培用土としてそのまま、あるいは他の土と混和して用いられる。酸性が強いので注意が必要。
アルカリ土壌のペーハー調整に使える

腐葉土〔ふようど〕

広葉樹の落ち葉が堆積して発酵分解され土状になったもの。保水性と通気性に優れ、他の用土と混合して使われる。弱酸性で多くの植物に適応する。 めっちゃ万能!

土壌に関する用語

炭素率(たんそりつ)

炭素成分(C)と窒素成分(N)の割合である、炭素量/窒素量(C/N)