水稲除草剤の定番「スパークスター粒剤」

スパークスター粒剤

水稲除草剤の定番「スパークスター粒剤」
10aあたり3kgの使用量で
各種雑草に対して、処理後通常40~50日間の残効が期待できるとのことです。

スパークスター粒剤について

スパークスター粒剤 【成分】

農林水産省登録:第18225号
有効成分:エスプロカルブ5.0%/ジメタメトリン0.20%/ピラゾスルフロンエチル0.070%/プレチラクロール1.5%

スパークスター粒剤 【特徴】

●ノビエをはじめ、水田一年生雑草および主要な多年生雑草に優れた効果を示します。
●クログアイ、オモダカ等の難防除雑草に対し強い生育抑制作用を示します。
●アオミドロや表層はく離に対して優れた効果を示します。
●移植後5日からノビエの2.5葉期までの広い処理適期幅で使用できます。
●各種雑草に対して、処理後通常40~50日間の残効が期待できます。
●移植水稲に対して優れた選択性を示します。

スパークスター粒剤|日産化学工業
Nissan Chemical AGRO-NET : 製品紹介

スパークスター粒剤 【使用例】

http://www.ksky.ne.jp/~pepon-pp/04_2012inasaku/11_zyosou/zyosou2012.html2012年 除草剤