トラクターのアタッチメント種類と名称【サブソイラ、ディスクハローなど】

traktor

トラクターのアタッチメントって

種類もたくさんあって、どうやって使っていいかわからないよね/

ロータリー


一番代表的なやつです。
畑を細かく耕します。 15cm〜25cmぐらい
幅も140cm〜180cmとトラクターのサイズ(馬力)に応じて選べます。
200cmを超えるモノもあるみたいですね。

プラウ


動きがめちゃくちゃかっこいい

プラウの目的は、作土と心土を反転させて新鮮な養分を地表へと運び、作物の残渣や雑草などを土中に埋め込んで腐食させること。
起こしたあとにディスク・ハローやバーチカル・ハローで砕土してから播種を行う

ボトムプラウ | 製品情報 | スガノ農機株式会社(SUGANO)

プラウ,プラソイラ等土づくり作業機の専門メーカ「スガノ農機」のホームページです。

サブソイラ


サブソイラの目的は心土層を破砕して透・排水性の改善を行うこと
使い方はサブソイラナイフを土中に突っ込んで、心土層を破壊します。ナイフ幅の溝が形成され、入ると同時に左右に亀裂が入ります。
また、ウイングは土を持ち上げる作用があるため上層に向かって放射線状に破砕が生じます。
https://www.sugano-net.co.jp/products/ssoiler/

プラソイラ


サブソイラよりも強力に土壌の全層破砕します。
サブソイラに心土を持ち上げるプラウ的な効果を加えたプラソイラはよく知られている。また最近では、プラソイラのように心土を上げながら割るが、途中までしか上がらないハーフソイラなども

ディスクハロー


起こしたあとの畑を砕土して整地します

バーチカルハロー

ドライブハロー

本来は水田の代かき用の作業機。ロータリより砕土能力が高く、ロータリの代わりにこれを使って半不耕起栽培を行なう農家もいる。秋や春に米ヌカやボカシ肥を散布したら、稲株をひっかく程度に耕深を三~五cmとごく浅くし、表面の有機物を表層の土とまぶしていく。代かきもドライブハローでごく浅く。表面・表層施用によって、微生物のエサとなる有機物の豊富な層が、田んぼの表層にでき、土ごと発酵が進む。

スタブルカルチ

ハンマーナイフモア

ブロードキャスター

ケンブリッジローラー

レーザーレベラー

様々なアタッチメントを販売している会社のサイトです↓デザインもかっこいい

製品情報 | スガノ農機株式会社(SUGANO)

プラウ,プラソイラ等土づくり作業機の専門メーカ「スガノ農機」のホームページです。